HOMEへ

足の冷え・足の冷え性解消の”ツボ”について


 足の冷え・足の冷え性解消の”ツボ”は足の甲、特に甲の前半部分に集中しています(”冷えの急所”及び、太衝(たいしょう)、八風(はっぷう)、公孫、隠白、等)。

足の甲が温まると、足先の
血流が良くなり、足先から足全体が温まります。

逆に、
足の甲が冷えると、足先から身体全体が冷えてきます。
 特に、
明け方(朝方)の足の甲の冷え女性に大敵です(卵巣機能低下、生理痛、頭痛、めまい、冷え性など、女性特有の症状が起きやすくなります)。

”冷えの急所”は、足の第3・第4中足骨間にあります。足の甲の前半部分を触ると、足指の数だけ細長い骨が並んでいます。冷えの影響でからだに変動が起こったときはには、ここがキューッと縮んで狭くなっています。ここを温めたり、指圧を行うと冷えの影響が抜けます。
 
太衝(たいしょう)は、第一(足の親指)、第2(足の人差し指)中足骨の後端の接合部にあります。肝経のつぼで、血を増やす作用が強く、冷えや冷えのぼせ解消のつぼといわれています。足の冷え感やしびれなどにもよく使われているツボです。足先の冷えるタイプの冷え性によく使われています。

八風(はっぷう)は、足の指と指の付け根が接するところにあり、両足で合計8箇所あります。足先の冷えやしびれの改善に効果を発揮するツボです。東洋医学では、冷たい風は病気を引き起こす原因の一つと考えられています。風は「風の邪」の意です。足先の冷えるタイプの冷え性によく使われています。

 この他、下記のつぼは、足の甲側にあって、冷え性、足の冷えの解消、改善に効くとされています。
 
公孫(こうそん):足の第一指(親指)の付け根にある横に出っ張った骨から2cmほど後。かかとの方へカーブを描く骨の下側にある。
 足の冷え性に効くツボ。特に、冬、足の冷たい人に効果がある。

隠白(いんぱく):足の第一指(親指)の内側で、爪甲角から後へ2mmのところ。
 足の冷え性解消に効くツボ。特に、冬、足の冷たい人に効果がある。

至陰(しいん):足の第五指(小指)の外側で、爪甲角から後へ2mmのところ。
 冷え性の解消、予防に効果があるつぼ。季節に関係なくいつも足が冷たい人に効果がある。
 冷え性の人の足の指を触ると、小指だけが極端に細くなっている。

気端(きたん):足の先端で両足に全部で10箇所ある。
 足先の冷えを解消するツボ。

れい兌(れいだ):足の第2指の外側で、爪甲角から後へ2mmのところ。
 足・脛(すね)の冷え、手足の末端から肘・膝に及ぶ冷えに効く。

行間(こうかん):足の第一指と第二指の間で、指の付け根部分。
 足の末端部の冷え性に効くツボ。
 

 冷えの急所(冷え解消のツボ) 太衝(たいしょう)(冷え・冷えのぼせ解消のツボ) 八風(はっぷう)(足先の冷え・しびれ改善のつぼ)

 また、足の裏には、湧泉(ゆうせん)というツボがあります。湧泉は全身の血液の循環を促す効果のあるつぼで、冷え性によく効くツボといわれています。湧泉は、足裏の土踏まずの中央のやや前の、少し窪んでいるところにあります。
 
 冷え性は血行が悪いことが直接の原因ですが、より根本的には、胃腸や消化器系の弱さが原因です。胃腸や消化器系の弱さが原因となって、腹部や骨盤内の筋肉や血管が緊張し、血液やリンパ液の流れが阻害されて、足先や指先など末梢の冷えが起こるといわれています。
 また、腎臓と子宮は冷えに最も弱い臓器で、特に腎臓はきわめて弱いといわれています。
 自分の手で素足を触って、くるぶしより下が上より冷たく感じる人、足の裏を触って、手より足の裏の方が冷たい人は、立派な冷え性です。


  相互リンク集1【冷え性・健康・医療・美容・ダイエットのカテゴリー】
   相互リンク集2【その他の業種・分野のカテゴリー】



                     HOMEへ