HOME
冷え性改善・足の冷え性対策グッズは、冷え性・冷えの原因・改善・対策に関する優れた情報を研究提供すると共に、末端冷え性のための足冷え解消・足の冷え防止グッズ、足温器式電気あんか【足先ほっと】を通販する冷え性改善対策専門サイトです。 
末端冷え性対策の決定版!就寝・足元両用の足温器式電気あんか「足先ほっと」を通信販売しております。
 
冷え性対策グッズ、就寝用電気足温器【足先ほっと】
    
 末端冷え性対策グッズ使用中イラスト 末端冷え性対策グッズ足温器縦断面図          
 末端冷え性による足の冷えでお困りの方、夜、足が冷えて眠れない方、いろいろな足の冷え改善対策や冷え性改善方法を試してみたが、うまくいかなかった方でもこれで大丈夫です!! 是非ここをご覧ください。



 HOME 足温器式電気あんか【足先ほっと】  商品説明  ご注文ガイド  お客様の声  Q&A

末端冷え性対策グッズ足温器式電気あんか【足先ほっと】とは

 冬、寝床に入っても、足の先が氷のように冷たく、眠りたいのにどうしても寝付けないというつらさは、末端冷え性(手足冷え性)の誰もが毎冬ごとに経験する悩みの種です。この症状のつらさは、末端冷え性でない人にはなかなか理解してもらえないのではないでしょうか。
 
 この足先の冷えのつらさを解消する最も確実で、即効性のある方法は、なんといっても、冷え切った足先に直接熱エネルギーを加えて足を温めるのが一番です。なぜなら、足の冷え性は、もともと体質的に、熱エネルギーを作り出す力が弱かったり、自律神経の体温調節機能が不調であったり、血液・血管自体に問題があるなどにより、足の血行が十分でないために生じるものだからです。末端冷え性の人にとって就寝時に必要なものは、今、氷のように冷えた足先の「冷え感」を、即座に改善・解消してくれるような就寝用の足元暖房器具ではないでしょうか。

 それでは、末端冷え性の人にとって、足の冷え性改善対策としてどのような暖房器具・暖房グッズが理想的であるのかを考えて見ましょう。

 暖房の基本は、いうまでもなく「頭寒足熱」です。つまり、衣服と同様に、上半身より下半身を温めるのが原則です。

 先ずエアコンついて考えて見ましょう。エアコンの場合、室内の暖められた空気は上方へ、冷たい空気は下方に還流するので、上半身に暖かさが偏り、足元が冷えることになります。これは冷え性の人にはとくに悪い状態です。したがって、就寝時についても当然、冷たい空気は、床を這い足元に流れてきますので、冷え切った足先を十分に温めるなどということには無理があります。
 
 次に、電気毛布の場合はどうでしょうか。電気毛布は、全身を温める暖房器具のため、「頭寒足熱」というわけにはいかず、足の冷え性タイプの人には、やはり不向きな暖房器といえるでしょう。また、電気毛布を長時間使用すると、皮膚が乾燥するとことも無視はできません。

 したがって、「頭寒足熱」という暖房の基本的条件を満たす就寝用の暖房器具は、「電気あんか」か「湯たんぽ」とういうことになります。電気あんかや湯たんぽは、足元だけを集中的に温めるので、「頭寒足熱」という点では足冷え対策の暖房器としては申し分ありません。

 しかし、困ったことに、従来からある「電気あんか」や「湯たんぽ」には基本的な欠点があります。それは末端冷え性の就寝用暖房器具という視点からの配慮と工夫がまったくなされていないことです。そのことは、冷え性という症状が、社会一般にまだ十分に理解されていなかった時代を反映したものともいえるでしょう。 
 つまり、末端冷え性の人が就寝時に最も冷えを感じるつま先(足指)足の甲を重点的に効率よく暖房するための工夫、配慮がなされていないことです。

 従来の「電気あんか」や「湯たんぽ」は、足のどこか一箇所(例えば「かかと」)だけに接触するだけですから、足の甲、足裏、つま先など足先全体を同時一緒に温めることが出来ないという欠点です。

 これも、私の体験ですが、従来の「電気あんか」や「湯たんぽ」の場合、たとえば足裏を温めている間に、足の甲やつま先(足指)などがすぐに冷えてしまいますし、逆に、足の甲又はつま先(足指)を温めていると、その間にせっかく先ほど温めた足裏が冷えてしまいます。また、足裏を温めるにも膝を立てなければなりません(足をまっすぐ伸ばして寝ると、暖房器具には”かかと”が接触するだけですから)。
 
 また、「湯たんぽ」は、寝るときはいいのですが、やはり徐々に温度が低くなっていきますので、一日のうちで一番冷え込む朝方には温度が下がってしまうということになります。また、夜中、湯たんぽが布団の外にはみ出してしまっていた場合などは一層早くさめてしまうことになります。
 
 それでは、末端冷え性の人に理想的な就寝用足元暖房器具はあるのでしょうか?
 あります!その根拠は、【足先ほっと】を実際にお使いになられた方々からの「お客様の声」を見ていただければお解かりいただけると思います。

 末端冷え性の人の理想とする就寝用足元暖房器具のあるべき機能とデザインを追求し、出来上がったものが、従来の「電気あんか」、「湯たんぽ」から進化させた末端冷え性対応型のソフトあんか”足温器式電気あんか「足先ほっと」”なのです。
 
足温器式電気あんか【足先ほっと】の特徴

1.足先全体をソフトな電気あんかでサンドイッチ状に挟んで暖房するので、足裏はもちろん、つま先(足指)、足の甲も直接温めることができます。つま先は特によく温まります。
2.就寝時の足先の傾きと同じ傾斜が就いているので、膝を立てなくても、足を伸ばした姿勢で、足裏、足の甲が電気あんかの暖房部にフィットします。
3.足先ほっとのヒーター部内に組み込まれているサーモスタット(自動温度調節装置)により、実感最高温度50℃に達すると、一旦スイッチが切れて温度が徐々に下がりますが、40℃まで下がりますと、自動的にスイッチが入り、元の50℃まで上昇していきます。このように実感温度は、自動的に50℃と40℃の間を周期的に繰り返します。だから熱くなりすぎて低温やけどする心配がありません。

 就寝用電気足温器としての用途以外に、足元暖房器”として
 例えばこんな用途にお使いいただけます。
寒い冬、受験勉強中のお子様の足冷え防止に最適な足元暖房器として。
お年寄りや、冷え性の方が、ソファーや椅子、あるいは座敷に座ってテレビを見るときに手軽な足元暖房器として。
足下(元)の冷えるお仕事を助ける足元暖房器に。 
冬場のデスクワークパソコン作業の足冷え予防に最適な足元暖房器として。
夏、エアコンの効いた室内での足の冷え防止、冷房病対策に効果を発揮する足元暖房器として。

5.ご使用になられたお客様からは、”ちょうど、お湯に足をつけてるみたいに温まる”、”熟睡できるようになった”といった喜びの声を多く頂いております。足の末端冷え性の方に大好評の足暖房機です。
6.【足先ほっと】は生活家電製品です。
電気代は、1時間使用して僅か約0.4円の経済的で、エコな、省エネ暖房器具です。

7.足温器全体が柔らかいクッション素材で作られているので、感触は弾力に富み、肌触りはとてもやわらかくて気持ちがよい。

8.使用方法
1.付属の「手元スイッチ」の電源コードプラグを交流100Vの室内電源コンセントに差し込む。
2.「足先ほっと」本体の電源コードプラグを「手元スイッチ」のコンセントに差し込む。



 末端冷え性対策グッズを布団で使用中の足温器足先ほっと  末端冷え性対策グッズ「足先ほっと」足温器縦断面イラスト         足温器式電気あんか「足先ほっと」布団の中で    「足先ほっと」の縦断面図。
使用中です。足の甲、つま先も直接暖房! 
 
           
 「足先ほっと」をベッドで使用中写真です。    「足先ほっと」は足元暖房器具として
                              も最適です。足の甲、つま先も直接暖房!
 
             
 ”足首”や”ふくらはぎ”、”ふともも”は、        両足を入れたままで、横向きに寝返りできます。
 このようにして温めます。とても気持ちいいですよ。
 
足の冷え・冷え性解消のツボ
冷えの急所(冷え解消のポイント) 太衝(たいしょう)(冷え・冷えのぼせ解消のツボ) 八風(はっぷう)(足先の冷え・しびれ改善のツボ) 
  足の甲にある主な冷え解消のツボについて
 足の冷え・冷え性解消のツボは足の甲、特に甲の前半部分に集中しています(”冷えの急所”及び、太衝(たいしょう)、八風(はっぷう)、公孫、隠白、等)。だから、冷え性対策は足の甲及び足の末端(つま先)を温める対策ともいえるのです。

 足の甲と足の末端(つま先)が温まると、足先の
血流が良くなり、足の先から足全体が温まります。

 逆に、
足の甲が冷えると、足の先から身体全体が冷えてきます。冷えは足の甲から入ります。
 特に、
明け方の足の甲の冷え女性に大敵です(卵巣機能低下、生理痛、頭痛、めまい、冷え性など、女性特有の症状が起きやすくなります)。

 ”冷えの急所”は、足の第3・第4中足骨間にあります。足の甲の前半部分を触ると、足指の数だけ細長い骨が並んでいます。冷えの影響でからだに変動が起こったときはには、ここがキューッと縮んで狭くなっています。ここを温めたり、指圧を行うと冷えの影響が抜けます。
 
 太衝(たいしょう)は、第一(足の親指)、第2(足の人差し指)中足骨の後端の接合部にあります。肝経のツボで、血を増やす作用が強く、冷えや冷えのぼせ解消のツボといわれています。足の冷え感やしびれなどにもよく使われているツボです。足先の冷えるタイプの冷え性によく使われています。

 八風(はっぷう)は、足の指と指の付け根が接するところにあり、両足で合計8箇所あります。足先の冷えやしびれの改善に効果を発揮するツボです。東洋医学では、冷たい風は病気を引き起こす原因の一つと考えられています。風は「風の邪」の意です。足先の冷えるタイプの冷え性によく使われています。

 この他、下記のツボは、足の甲側にあって、冷え性、足の冷えの解消に効くとされるいます。
 
 公孫(こうそん):足の第一指(親指)の付け根にある横に出っ張った骨から2cmほど後。かかとの方へカーブを描く骨の下側にある。
 
 隠白(いんぱく):足の第一指(親指)の内側で、爪甲角から後へ2mmのところ。

 至陰(しいん):足の第五指(小指)の外側で、爪甲角から後へ2mm。

 気端(きたん):足の先端で両足に全部で10箇所ある。

 れい兌(れいだ):足の第二指の外側で、爪甲角から後へ2mmのところ。


また、足の裏には、湧泉(ゆうせん)というツボがあります。湧泉は全身の血液の循環を促す効果のあるツボで、冷え性によく効くツボといわれています。湧泉は、足裏の土踏まずの中央のやや前の、少し窪んでいるところにあります。
 

 冷え性は血行が悪いことが直接の原因ですが、より根本的には、胃腸や消化器系の弱さが原因です。胃腸や消化器系の弱さが原因となって、腹部や骨盤内の筋肉や血管が緊張し、血液やリンパ液の流れが阻害されて、足先や指先など末梢の冷えが起こるといわれています。
 また、腎臓と子宮は冷えに最も弱い臓器で、特に腎臓はきわめて弱いといわれています。
 自分の手で素足を触って、くるぶしより下が上より冷たく感じる人、足の裏を触って、手より足の裏の方が冷たい人は、立派な冷え性です


冷え対策は「足の冷え」対策、足の冷え対策は「足の甲・つま先」対策、そして足の甲・つま先対策の決定版は足温器式電気あんか『足先ほっと』です!
冷え性改善 足の冷え性対策グッズは、末端冷え性の克服解消と睡眠の悩みの改善解決に役に立つ、就寝・足元両用の電気足温器「足先ほっと」を通販しております。

                               
 



  相互リンク集1【冷え性・健康・医療・美容・ダイエットのカテゴリー】
   相互リンク集2【その他の業種・分野のカテゴリー】