冷え性改善・足の冷え性対策グッズは、就寝・足元両用の足温器「足先ほっと」の通信販売ショップです。また、冷え性、低体温の改善法・解消法・予防の方法、足の冷えの悩みを解決する方法等に関する情報を提供しております。

足温器【足先ほっと】、冷え性改善・足の冷え性対策グッズ、カインドリープロダクツ

HOME 足温器【足先ほっと】 商品説明 お客様の声 ご注文ガイド 特定商取引法表示

 就寝用足温器『足先ほっと』に関する  Q&A

 足の冷え性でお困りの方、足が冷えて眠れない方、いろいろな足冷え改善・解消法や冷え性改善方法を試みたがうまくいかなかった方は、是非一度、足温器【足先ほっと】をお試しください!

Q 就寝用足温器「足先ほっと」の使い方は

商品説明の『足温器【足先ほっと】の使い方の例(写真)』をご覧ください。傾斜した上下二枚の暖房部の間に両足を差し入れます(下記のイラストと写真もご参照ください)。
足の甲、つま先まで暖房!ポカポカ あったか~い。     
 「足先ほっと」電気足温器(お布団の中で使用中です) デザインは”とても可愛いい”ですよ。

Q 就寝用足温器「足先ほっと」の特徴は

A 
ちょっと想像してみてください。‘従来の電気あんか’の上に足先を載せたとき、電気あんかに直接触れるところはどこでしょうか? そうです、‘かかと’が触れるだけですね。足の裏も、足の指先も、足の甲も、‘あんか’から離れてしまいますね。こういう状態では、足のどこか一箇所を温めている間にも、せっかく先ほど温めたところがすぐに冷えてしまいますね。つまり足全体を一度に暖めることができません。特に、冷え性の人の冷え切った足先は、足の裏も、足の指も、そして足の甲も皆同時一緒に暖房してあげないと効果的に温まりません。しかし従来のあんかの構造では足の一部分しか温めることができません。

 足温器「足先ほっと」は、このように、冷え性の人にとって不十分で、使い勝手のよくなかった「従来の電気あんか」を改良して、足の冷えに悩む多くの方に喜んでいただける、本格的な冷え性対策電気あんかとして開発したものです。

 就寝用足温器【足先ほっと】の特徴(以下1~8)

1.足先全体をソフトな電気あんかでサンドイッチ状に挟んで暖房するので、足裏はもちろん、つま先(足指)、足の甲も直接温めることができます。つま先は特によく温まります。

足温器【足先ほっと】の縦断面図
上部ヒーター(つま先と足の甲を温めます。) 下部ヒーター(つま先と足の裏を温めます。) 足の甲、つま先も暖房します!

2.就寝時の足先の傾きと同じ傾斜が就いているので、膝を立てなくても、足を伸ばした姿勢で、足裏、足の甲が電気あんかの暖房部にフィットします。

3.足先ほっとのヒーター部内に組み込まれているサーモスタット(自動温度調節装置)により、最高温度50℃に達すると、一旦スイッチが切れて温度が徐々に下がりますが、40℃まで下がりますと、自動的にスイッチが入り、元の50℃まで上昇していきます。以降、足先ほっとの温度は、自動的に50℃と40℃の間の上下を周期的に繰り返します。

4.就寝用電気あんかとしての用途のほか、足元暖房器として
 例えばこんな用途にもお使いいただけます。

♪寒い冬、受験勉強中のお子様の足冷え防止に最適な足元足温器として。
♪お年寄りや、冷え性の方が、ソファーや椅子、あるいは座敷に座ってテレビを見るときに手軽な足元足温器として。
足下(元)の冷えるお仕事を助ける温かい足元暖房器として。 
♪冬場のデスクワークパソコン作業の足冷え予防に最適な足元足温器として。
♪夏場、エアコンの効いた室内での足の冷え防止、冷房病対策に効果を発揮する足元足温器として。

5.ご使用になられたお客様からは、”ちょうど、お湯に足をつけてるように温まる”、”熟睡できるようになった”といった喜びの声を多く頂いております。足の冷え性でお困りの方に大好評の足温器です。

6.【足先ほっと】は生活家電製品です。

電気代は、1時間使用して僅か約0.4円の経済的で、エコな、省エネ暖房器具です。

7.足温器全体が柔らかいクッション素材で作られているので、感触は弾力に富み、肌触りはとてもやわらかくて気持ちがよい。

使用方法
1.付属の「手元スイッチ」の電源コードプラグを交流100Vの室内電源コンセントに差し込む。
2.「足先ほっと」足温器本体の電源コードプラグを「手元スイッチ」のコンセントに差し込む。


Q 低温やけどの心配はありませんか

A 
足先ほっとのヒーター部内に組み込まれているサーモスタット(自動温度調節装置)により、最高温度50℃に達すると、一旦スイッチが切れて温度が徐々に下がりますが、40℃まで下がりますと、自動的にスイッチが入り、元の50℃まで上昇していきます。以後は同様に、足先ほっとの温度は、自動的に50℃と40℃の間の上下を周期的に繰り返します。差し込んだ足先は、膝を軽く曲げるだけで、足温器から外すことができますし、再度簡単に差し入れることもできます。「足先ほっと」足温器の最高温度50℃というのは、もともと従来型ソフト電気あんかの最高温度(概ね60度以上)に比べてもかなり低く目に設定されています。また、本体にはON/OFスイッチは設置されていませんが、代わりに、付属品として手元スイッチ(長さ1メートル)が付属していますから、お布団に横たわった状態で、この手元スイッチで随時、ON/OFの切り替えを行うことができます。従いまして、従来のソフト電気あんかをお使いになられたご経験がおありの方であれば、「足先ほっと」をご使用になられましても、低温やけどのご心配はございません。これまで多数のお客様からご意見などを頂いておりますが、低温やけどなどについての実例は一度も頂いておりません。

Q 自由に寝返りがうてますか



 上下暖房部の開きには十分な余裕がありますので、両足を「足先ほっと」足温器に差し入れたままで、仰向き寝から横向き寝へ、横向き寝から仰向き寝へ自由に寝返ることができます。また、横向きに寝たときは、仰向きに寝るときとは逆に、足の甲が下の暖房部に接触し、足の裏は上の暖房部に接触するかたちになります。


 「足先ほっと」電気足温器に両足を入れたまま、寝返りして横寝が出来ます。


Q 足先以外も暖房できますか

A 
「足先ほっと」足温器の暖房部を乗せている三角枕は、柔らかいクッションでできていますので、足先ほっと’足温器の最上段に足を載せると、足の重さで‘足先ほっと’電気足温器の背が低くなり、全体が従来の山形電気あんかのような形に変形します。ですから、ふくらはぎなど足先以外の箇所は、最上段で暖房できるようになっています。
 
 
「足首」や「ふくらはぎ」、「ふともも」はこのようにして温めます。
とても気持ちいいですよ。




Q お布団の中で楽に動かせますか

 「足先ほっと」足温器全体が軽く、ソフトに作られていますので、お布団の中で楽に移動させることができます。

Q 足元暖房器具として使用できますか
A 
机の下に置き、椅子に腰掛けて足元暖房機として利用していただくことができます。また、畳やじゅうたんに座って脚を伸ばした姿勢で、足元を暖房する足元暖房器(機)として使用することもできます。


 
椅子の下に置き、足元暖房器具としても
 使用できます。足の甲、つま先も暖房!
 とてもソフトな感触も特徴です。



Q 外面のカバーはとりはずして洗濯できますか

A
外面のカバーはすべて取り外しが自在にできますので、洗濯していただくことができます。 

Q 電気店等でも市販されていますか

A 
「足先ほっと」電気足温器は、商品の特徴や使用法などを十分にご説明し、ご理解いただいてご購入していただきたい商品ですので、当店以外での市販はしておりません。ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

Q 睡眠の改善に役立ちますか

 睡眠と体温の間には密接な関係があります。眠気は深部体温が下がるときにおとずれます。深部体温が下がるのは、とくに手足の末梢血管から体内の熱が放散されるからです。赤ちゃんの手足が暖かくなると眠いのだとわかるのは、このためです。
 
つまり手足が冷たいのは体温が下がりきっているからではなく、手足の冷たさが熱の放散を邪魔して、眠りたくても眠れない状態になっているのです。逆を言えば、手足を温めることで、寝つきはスムーズになります(以上注1)。
 皮膚からの熱の放出は、四肢からが大部分です。手足の末梢の細動脈が拡張し血流が増えると、手足の皮膚温が上がり、体温が外部へ放出されます。そのため深部体温が下がって眠りにつけるよう身体がセットされるのです。冷え性の方で、冬に手足が冷たいと眠れないのは、このような体温調節と睡眠の関係が人間の身体の中に存在するからなのです(以上注2)。

就寝用足温器「足先ほっと」は、全身を温める電気毛布などと違い、足裏、足の甲,足の指先など足のすべてを丸ごと速やかに温めることができるため、入眠に必要な足からの深部体温の放散を促進します。ですから、夜、足が冷たくてなかなか寝つけない、夜中に何度も目を覚ますといった冷え性の方にはとっては最適な就寝用の暖房器具といえます。

 Q電気代は、1時間使っていくらですか

 電気代は、1時間使っても僅か0.4円の経済的で、エコな省エネ暖房器具です。  

Q 足の冷え・冷え性解消のツボはどこですか。

  足の冷え・冷え性解消のツボは足の甲、特に甲の前半部分に集中しています(”冷えの急所”及び、太衝(たいしょう)、八風(はっぷう)、公孫、隠白、等)。

足の甲が温まると、足先の血流が良くなり、足の先から足全体が温まります。

逆に、足の甲が冷えると、足の先から身体全体が冷えてきます。
 特に、明け方(朝方)の足の甲の冷え女性に大敵です(卵巣機能低下、生理痛、頭痛、めまい、冷え性など、女性特有の症状が起きやすくなります)。

”冷えの急所”は、足の第3・第4中足骨間にあります。足の甲の前半部分を触ると、足指の数だけ細長い骨が並んでいます。冷えの影響でからだに変動が起こったときはには、ここがキューッと縮んで狭くなっています。ここを温めたり、指圧を行うと冷えの影響が抜けます。
 
太衝(たいしょう)は、第一(足の親指)、第2(足の人差し指)中足骨の後端の接合部にあります。肝経のツボで、血を増やす作用が強く、冷えや冷えのぼせ解消のツボといわれています。足の冷え感やしびれなどにもよく使われているツボです。足先の冷えるタイプの冷え性によく使われています。

八風(はっぷう)は、足の指と指の付け根が接するところにあり、両足で合計8箇所あります。足先の冷えやしびれの改善に効果を発揮するツボです。東洋医学では、冷たい風は病気を引き起こす原因の一つと考えられています。風は「風の邪」の意です。足先の冷えるタイプの冷え性によく使われています。

 この他、下記のツボは、足の甲側にあって、冷え性、足の冷えの解消、改善に効くとされています。
 
公孫(こうそん):足の第一指(親指)の付け根にある横に出っ張った骨から2cmほど後。かかとの方へカーブを描く骨の下側にある。
 足の冷え性に効くツボ。特に、冬、足の冷たい人に効果がある。

隠白(いんぱく):足の第一指(親指)の内側で、爪甲角から後へ2mmのところ。
 足の冷え性に効くツボ。特に、冬、足の冷たい人に効果がある。

至陰(しいん):足の第五指(小指)の外側で、爪甲角から後へ2mmのところ。
 冷え性の改善、予防に効果があるツボ。季節に関係なくいつも足が冷たい人に効果がある。
 冷え性の人の足の指を触ると、小指だけが極端に細くなっている。

気端(きたん):足の先端で両足に全部で10箇所ある。
 足先の冷えを解消するツボ。

れい兌(れいだ):足の第2指の外側で、爪甲角から後へ2mmのところ。
 足・脛(すね)の冷え、手足の末端から肘・膝に及ぶ冷えに効く。

行間(こうかん):足の第一指と第二指の間で、指の付け根部分。
 足の末端部の冷え性に効くツボ。
 

 冷えの急所(冷え解消のポイント) 太衝(たいしょう)(冷え・冷えのぼせ解消のツボ) 八風(はっぷう)(足先の冷え・しびれ改善のツボ)

 また、足の裏には、湧泉(ゆうせん)というツボがあります。湧泉は全身の血液の循環を促す効果のあるツボで、冷え性によく効くツボといわれています。湧泉は、足裏の土踏まずの中央のやや前の、少し窪んでいるところにあります。
 
 冷え性は血行が悪いことが直接の原因ですが、より根本的には、胃腸や消化器系の弱さが原因です。胃腸や消化器系の弱さが原因となって、腹部や骨盤内の筋肉や血管が緊張し、血液やリンパ液の流れが阻害されて、足先や指先など末梢の冷えが起こるといわれています。
 また、腎臓と子宮は冷えに最も弱い臓器で、特に腎臓はきわめて弱いといわれています。
 自分の手で素足を触って、くるぶしより下が上より冷たく感じる人、足の裏を触って、手より足の裏の方が冷たい人は、立派な冷え性です。


Q クーラーによる足の冷え防止・夏の冷房対策に使えますか。
 
 
夏は冷え性とは縁遠いと思われがちですが、冷え性の人にとって夏には意外な落とし穴があります。
 暑い日本の夏は、エアコンの冷房なしにはとても過ごすことができませんが、今は何処にでもあるこのエアコン(クーラー)が、実は冷え性の人にとってはたいへん厄介な存在なのです。
 冷え性で、汗かきという人もいるぐらいですから、冷え性の人も暑い夏にはクーラーを使います。しかし、クーラーは、室内の気温を下げるために、吹き出し口からは、信じられないほどの冷たい空気を吹き出しています。冷え過ぎを防ぐために、温度設定を比較的高めの26度~27度にしたとしても、室内全体の空気がその温度に下がるまでは、吹き出す空気はかなり冷たいのです。
 しかも冷たい空気は重いため、床を這って足元を直撃することになります。その結果、冷え性、特に末端冷え性の人の足先は、またたくまに冷やされてしまいます。冷たさを通り越して、しびれたり、痛くなったりするほどになります。
 冷え性は、貧血、低血圧といった血液・血管を原因とすものや、ストレスなどのよる自律神経の失調を原因とするものまで、いろいろな原因が考えられるのですが、とくに手足が冷える末端冷え性の人にとって、夏場はエアコンの冷房こそが大敵です。夏場の冷え性対策は、クーラー対策、冷房対策といっても過言ではないでしょう。しかも、この夏の冷え性対策をしっかりしておかないと、秋・冬に一層足の冷えのために、苦しむことになります。
 もともと冷え性の人は、気温の変化に敏感で、しかも一度冷えるとなかなか温まらないという特徴がありますから、冷え性の人は、クーラーによる冷房時にも、足を冷やさないような足冷え防止策の工夫が必要です。また、いったん足が冷えてしまったときは、速やかに、外部から熱エネルギーを加えて、冷えた足を温めてあげることが必要です。末端冷え性のための就寝用足温器「足先ほっと」は、昼間の足元暖房にも使えますので、夏期の冷房対策にも役立ちます。

参考文献からの引用(一部、要旨記載あり)
(注1):快眠セラピスト 三橋美穂著「幸せを呼ぶ快眠ヒーリング」
                              日本実業出版社
(注2):「最強の睡眠法」(従来の万人共通の睡眠法は間違いです) 小学館
       協力 白川修一郎(国立精神・神経センター精神保健研究所
                 老人精神保健研究室長)
           山本晴義(横浜労災病院・勤労メンタルヘルスセンター長)
           三輪恵美子(日本睡眠科学研究所主席研究員)
                            

 


冷え対策は「足冷え」対策、足冷え対策は「つま先・足の甲」対策、そしてつま先・足の甲対策の決定版は『足温器足先ほっと』です!
冷え性改善 足の冷え性対策グッズは、冷え性克服解消・睡眠改善解決、就寝電気あんかと足元暖房器両用の電気足温器・「足先ほっと」を通販しております。

  
  
お問い合わせはこちらからどうぞ







  相互リンク集1【冷え性・健康・医療・美容・ダイエットのカテゴリー】
   相互リンク集2【その他の業種・分野のカテゴリー】